豊かな海づくりに向けた取り組み

豊かな海づくりに向けた取り組み

「豊かな海づくり」に向けて

 大会の開催を契機として、資源管理型漁業や栽培漁業に一層取り組むとともに、魚食普及や食育を推進することによって、漁業者の意欲向上や水産物の消費拡大を図り、水産業とそれが営まれている地域の発展につなげます。
 また、海をはじめ河川や水源地域の環境保全の取組みを全国に向けて発信し、これら水域の環境保全の重要性を訴えるとともに、次世代へ自然環境を守り育てる気持ちを継承します。
 具体的な取組みとして、県内各地での稚魚リレー放流、大会テーマ・キャラクターを活用したPR活動、児童・生徒を対象とした作文・絵画等のコンクールなどを実施していきます。
豊かな海づくりに欠かせない「資源管理型漁業」と「栽培漁業」
 「資源管理型漁業」とは、漁業者などが自主的に漁期の短縮や小型魚の再放流などの取組みを実施することにより、将来にわたって水産資源を維持し、利用していく漁業のことです。本県では、筑前海のトラフグ、豊前海のヨシエビ、シャコ、有明海のガザミなどで、休漁期間の設定や産卵期の親魚保護などの取組みが実施されています。
 「栽培漁業」とは、陸上の水槽などで育成した稚魚や稚貝などを海や河川に放流し、自然の中で成長させて漁獲することです。本県ではトラフグ、クロアワビ、アカウニ、クルマエビ、ヨシエビ、ガザミ、アユなどが放流されています。
里海づくりの展開
 「里海」とは、「里山」と同じように、自然と調和しつつ、適度に人手を加えることによって、水辺の環境と多様な生物の生息が保たれた豊かで美しい水域のことです。
 福岡県では、漁業者によって、海底ゴミの回収や藻場の食害生物駆除、植林活動などの「里海づくり」が以前から行われています。大会の福岡県での開催を契機として、水源地域での植林や河川での清掃活動、海での漁場環境保全活動などの取組みを県民とともに推進し、「里海づくり」の拡大を図っていきます。

漁業者による植林活動

漁業者による植林活動

底びき網による海底ゴミ回収

底びき網による海底ゴミ回収

河川清掃活動

河川清掃活動

ふくおか海づくりPR隊

「ふくおか海づくりPR隊」募集!

旗をふるエコトン

 「第37回全国豊かな海づくり大会福岡大会」を盛り上げるため、大会のPRをしていただける企業・団体などを募集しています。登録していただいた企業や団体には、大会PRのためののぼり等を配布します。
 海づくり大会の趣旨に賛同し、大会のPRにご協力頂ける方は、ぜひ、「ふくおか海づくり大会PR隊」への登録をお願いします!

【PR例】
  • ①企業ポスターに、大会テーマやキャラクター等を活用し、大会告知を掲載
  • ②自治体の清掃活動時に、海づくり大会のPRのぼりを設置する
  • ③店舗の受付やカウンターに、大会PRミニのぼりを置く